フィンペシア最安

フィンペシア最安.comではフィンペシアを販売している個人輸入代行業者の価格を徹底調査し、どこのサイトが最も安く購入できるか検証しました! 薄毛に悩む皆さん! 最安で薄毛治療をフィンペシア最安.comとともに!

フィンペシアを最安で販売している個人輸入サイトは?

アイドラッグストアー

アイドラッグストアーのフィンペシア販売ページ ¥2,780(1箱100錠)

オオサカ堂

¥2,881(1箱100錠)

薬の通販オンライン

¥6,980(1箱150錠)

ベストケンコー

¥4,180 (1箱100錠)

くすりエクスプレス

¥4,880(1箱100錠)

フィンペシア最安 徹底比較

サイト名 アイドラッグストアー オオサカ堂 薬の通販オンライン ベストケンコー くすりエクスプレス
価格
(※1錠当たり)
¥2,780
(1箱100錠)
(※¥27.8)
¥2,881
(1箱100錠)
(※¥28.8)
¥6,980
(1箱150錠)
(※¥46.5)
¥4,180
(1箱100錠)
(※¥41.8)
¥4,880
(1箱100錠)
(※¥48.8)
サイト名 アイドラッグストアー オオサカ堂
価格
(※1錠当たり)
¥2,780
(1箱100錠)
(※¥27.8)
¥2,881
(1箱100錠)
(※¥28.8)
薬の通販オンライン ベストケンコー くすりエクスプレス
¥6,980
(1箱150錠)
(※¥46.5)
¥4,180
(1箱100錠)
(※¥41.8)
¥4,880
(1箱100錠)
(※¥48.8)

フィンペシアとは?

プロペシアは高い?

AGAの治療薬として有名なのがプロペシア、薄毛の原因となる脱毛ホルモンを生成してしまう男性ホルモン・テストステロンと5αリダクターゼという還元酵素の結合を、ブロックする役割を持っているのです。 利用している間、もう抜け毛に悩まされることはありません。 内服期間が多ければ多いほど現状維持よりも高い改善効果が得られたという患者も多いのが特徴です。 ただ、そうは言ってもプロペシアを病院で処方してもらうとなる診察代を含めて1ヶ月8,000円から10,000円程度、決して安いとは言えないお値段です。 フィンペシアとは、金銭面でも悩んでいるという方の強い味方となってくれるAGA治療薬です。

価格が気になる方はジェネリック医薬品へ

少しでもコスト面を抑えたいという時に考えるのがジェネリック医薬品でしょう。 有効成分は同じで、それでいて広告宣伝料や開発費はそれほどかかっていないのですからかなり安くなります。 ただしフィンペシアは実際にはジェネリック医薬品ではありません。 同じくフィナステリドを有効成分とすることから、テストステロン5αリダクターゼの結合を阻止するというメカニズムは同じですが、本来であれば新薬であるプロペシアの特許期間が過ぎてから後発医薬品は作らなければならないところを、インドの法律に基づきもっと早く作ってしまったコピー版といった扱いになってしまいます。

多くの人々が利用しているフィンペシア

それゆえに、日本ではフィンペシアは出回っていませんし、今後も導入されるようなことはないでしょう。 でも世界では安いのにプロペシアの効果効能がそのまま得られると評判で、多くの人々が利用しているのです。 そんな良い薬を使わずにいるのは勿体無い、日本でも個人輸入代行業者のサイトを通じて購入することは可能です。 同じ有効成分なので用法用量も同じ・そして副作用だって同様に注意しなければなりません。 でも正しく使っていれば薄くなってしまった毛がまた復活して来るかもしれないのです。

信頼性の高い個人輸入代行業者を!

信頼性の高い個人輸入代行業者を選び、試してはみませんか。 偽薬を販売する悪徳業者も多く横行しているのがインターネットの世界、どうしても不安がぬぐえないのであれば、病院で処方してもらって正規の品を手に入れるしかありません。 それだとフィンペシアを手にすることはなくプロペシアにてAGA治療ということになるのです。 インド製ジェネリックはフィンペシアのほかにも様々あり、多くの人々に愛されています。 それぞれの薬に対してきちんとした知識を持って利用するならそれほど心配する必要はありません。

「フィンペシア」を利用したAGA治療の前に知っておきたいこと

フィナステリドを主成分とした薬

AGAの治療薬として使用することが多いのは、フィナステリドを主成分としたフィンペシアプロペシアといったものです。 フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として知られており、しかも価格が大変安いことから個人輸入通販で購入する人も多いのですが、実はジェネリック医薬品というよりはコピーされた薬、という位置づけで、日本では処方されていない薬です。 しかも正式なルートが存在しておらず、より安いフィナステリドを主成分とした薬を服用したい場合は個人で通販を通じて輸入するしかないのです。 フィナステリドが含まれた薬を処方してもらうと、かなりの金額がかかりますし、最低でも3か月から6か月は服用を続けないと意味がないので、トータルすると費用がかさみ、通販を利用したいと考えている人は多いです。

フィナステリドの副作用

フィンペシアは、男性ホルモンに関係している部分で作用する薬です。 そのため健康にも影響が出ることがあり効果は強いものの取り扱いが難しい薬でもあります。 特に妊娠している可能性がある人、妊娠中や授乳中の女性は服用することはできないのは当然なのですが、触れることもしないほうが良いのです。 フィナステリドは、指先など皮膚を通じても薬の成分が体の中に入っていくので、妊娠中の女性の体に入ってしまった場合、胎児が男の子であれば生殖器の成長に影響を及ぼすことがあります。 このことは厚生労働省でも発表されていることですので、取り扱いに注意をしなくてはなりません。 フィンペシアプロペシアはきちんとコーティングされているのですが、いつでも服用することができる薬のため、ポケットに入れっぱなしにしてしまうこともあり、何かの拍子で薬の成分が出てしまうこともあります。 ですので、薬の管理はよりしっかりと行わなくてはならないのです。

20歳以下は服用禁止

なお、服用できないのは20歳以下の子供も該当します。 この時期は成長期でもあり、成長に影響をおよぼしてしまうからです。

相談できる医療機関を見つけておくこと!

副作用に関しては、肝機能障害を起こり健康を害してしまう可能性があり、そして男性機能の低下を感じることもあります。 これらが発現するのは大変確率的にも低いのですが、全くないわけではありません。 蕁麻疹ができる、なんとなく疲れやすくなっているといった場合は、薬が影響していることも考えられるので、必ず医療機関を受診するようにします。 医療機関ではフィンペシアを使って治療をすることはないのですが、それでも相談できる医療機関を見つけておくことはいざという時のためにも大切です。
タイトルとURLをコピーしました