AGA治療薬フィンペシアの主成分フィナステリドとは?

フィンペシア

AGA治療薬フィンペシアとは

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、インドのシプラ社が製造販売する医薬品です。国内の医療機関で内服薬として処方されている「プロペシア」と同じく、フィナステリドを主成分としています。プロペシアの国際特許はまだ切れていないため、国内では販売できない薬です。従って、薬局やほとんどのクリニックでは扱っていません。効果が出るまでには個人差がありますが、3か月~半年ほどといわれています。服用をやめるとAGAが進行する恐れがあるため、最低でも1年間、毎日飲み続ける必要があります。

フィンペシアの有効成分や副作用

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が原因だとされています。薄毛の主な原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は、5αリダクターゼII型という酵素と男性ホルモン、テストステロンが結びついてできたものです。ジヒドロテストステロンが発生すると髪を生成する毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、脱毛シグナルを発信して髪の成長を妨げます。 フィンペシアの主成分であるフィナステリドには5αリダクターゼII型を阻害する作用があるため、テストステロンと結びつくことを防ぎ、ジヒドロテストステロンの発生を抑えます。 髪には悪影響を及ぼすジヒドロテストステロンですが、ジヒドロテストステロンは生殖機能に関わる男性ホルモンです。フィナステリドが発生を抑制すると精液の量が減少する可能性があります。性欲の減退や勃起不全に陥ることもあるため、子供をつくる計画がある場合には、フィナステリドを含まないAGA治療薬を選びましょう。

フィンペシアを使う前に知っておくべきこと

前立腺がんの検査を受ける場合には、フィナステリドがチェックに必要なPSAの値を下げ、がんを見落とされてしまう可能性があるため、フィンペシアを服用している旨を医師に伝えることが必要です。 女性が服用すると、この成分のため女性男性型脱毛症(FAGA)になることがあります。 フィンペシアをグレープフルーツジュースと一緒に飲むと、フィナステリドを分解する酵素の働きが弱くなり、体内に長く残って副作用のリスクが上がります。お酒と一緒に飲むと肝臓への負担が大きくなります。 同じAGA治療薬プロペシアは主成分が同じ薬のため、副作用による健康被害が予想されるので併用は避けます。 フィンペシアはプロペシアと比較して価格が安く個人輸入する人もいますが、偽物が届いたり薬の禁止事項を理解していないことが健康被害につながる可能性があるので、必ずクリニックで指導を受けて使いましょう。
タイトルとURLをコピーしました