フィンペシアを服用することで得られる効果

フィンペシア

AGAには、コスパの良いジェネリック医薬品

フィンペシアは、インドの製薬会社シプラ社が製造販売しているAGA治療薬で、先発医薬品のプロペシアの後発医薬品となり含まれる有効成分にはフィナステリドです。フィンペシアの効果はプロペシアと同じものであり、男性型脱毛症(AGA)に対して治療効果を発揮します。

AGAの原因とフィンペシアの効能について

そもそもAGAと呼ばれる症状は、男性特有の薄毛や脱毛といった症状のうち男性ホルモンに起因している物を指しており、有効成分であるフィナステリドは男性ホルモンの働きに作用することによって症状の原因となる男性ホルモンの活動を阻害します。男性ホルモンの活動を阻害すると言っても全ての男性ホルモンに対して効果を発揮するわけではなく、薄毛や脱毛といったものの原因となるホルモンに対して影響を与えるものです。 AGAの仕組みとしては男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼ2型と呼ばれる酵素により、ジヒドロテストロンが生成されることで発毛サイクルを乱れさせ男性の薄毛や脱毛の原因となるもので、フィナステリドはこの5αリダクターゼ2型の活動を阻害することで、ジヒドロテストロンの生成を抑制します。 つまり、抜け毛の原因となる成分を取り除くことができ、AGAに起因する薄毛や脱毛症に対して治療効果を得られるというものです。ただし、いわゆる毛生え薬ではなく脱毛の原因を取り除くことが目的で、AGA治療では多くの場合にはミノキシジルと併用して処方されます。しかし、抜け毛の根本原因を取り除くことができるだけでもAGAの進行を遅らせることができ、また人によってはフィナステリドだけでも十分に脱毛や薄毛症状を改善することが可能です。

フィンペシアを購入するには

フィンペシアも先発薬と同じプロペシアと同じ効果を得ることができますが、日本では未承認薬であるためクリニックで手に入れることができません。このため、海外から個人輸入で購入することになります。個人輸入で購入するメリットはさまざまな医薬品を手に入れることができ、またフィンペシアのような後発薬は先発薬よりも安価ですから費用を抑えることができます。注意点としては個人輸入の場合には自己責任で行う必要があり、業者によっては偽物を販売しているケースもあるので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。また後発薬といってもまったく先発薬と同じというわけではなく、有効成分のフィナステリドのほかに異なる成分が含まれている可能性があります。フィンペシアの場合にも過去にはキノリンイエローと呼ばれる発がん性が疑われるものが使われていましたが、現在では使用されていませんが、製品情報にも十分に注意する必要があります。
タイトルとURLをコピーしました