フィンカーは有名AGA治療薬のジェネリック

フィンペシアの最安をご紹介

プロスカーのジェネリック医薬品

フィンカー5mgはプロスカーのジェネリック医薬品で、有効成分としてフィナステリドを配合しています。
フィナステリドを配合しているのでプロペシアと同じ薬と思うかもしれませんが、フィナステリドの含有量が大きく違っています。
プロペシアは1mgですが、フィンカーは5mgも配合されているのです。
有効成分が5倍も多いので、より早く治療効果が期待できるのです。
フィンカー5mgはプロペシアの後発医薬品と思うかもしれませんが、実は前立腺肥大を解消するためにプロペシアより先に開発されました。
もともとは前立腺肥トラブルを解消する薬でしたが、現在は個人輸入でAGA治療薬として販売されています。
精力減退作用はプロペシアより強く出る可能性がありますが、短期間で髪を増やしたい人には適しています。

対応が遅れてしまうほど薄毛は進行

5αリダクターゼという脱毛酵素の影響によってAGAは発生するので、それを抑えていくことが重要です。
脱毛酵素の分泌が活発だとヘアサイクルを乱れさせる原因になるので、早急に対策する必要があります。
対応が遅れてしまうほど薄毛は進行していき、髪密度はスカスカになってきます。
薄毛対策では抜け毛を減らすことが要になりますが、髪を細くしないことも大切です。
1本1本の髪が細くなってしまうと、本数に変化がなくてもスカスカになってしまうのです。
すると指で頭皮を触ったときにペタペタとした感触を覚えるようになります。
ペタついてくると薄毛が始まっていると考えられますので、定期的につむじチェックをしてください。
他の部位は目視で薄毛の進行を確認できますが、つむじに関しては発見が遅れがちです。

AGAは放置して治るものではない

フィンカー5mgを服用すればヘアサイクルが正常になり、成長期が復活していきます。
すると洗髪後の抜け毛が全体的に太くなってくるので、ここで効果を実感できるのです。
また髪密度が増えてきますので、頭頂部や前頭部のボリュームアップを実感できます。
これらの部位は特に薄毛が進行しやすいので、定期的に写真比較などでボリュームチェックをしてください。
薄毛にコンプレックスを抱くような状態にあるなら、自分自身で薄いと自覚しているのです。
多分気のせいなどと目を背けてしまうと、薄毛は着実に進行していきます。
AGAは放置して治るものではなく、放置は悪化させる行為以外の何者でもありません。
フィンカー5mgで脱毛酵素を抑制し、その上でミノキシジルを併用するのがおすすめです。
毛母細胞を強くすれば抜けにくくなり、髪質の強化を期待できるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました