フィンペシアって何?

フィンペシアの最安をご紹介

プロペシアのジェネリック医薬品

フィンペシアはAGA治療薬であるプロペシアのジェネリック医薬品です。
プロペシアと同じフィナステリドが主成分であるので、作用も効果も同じです。
フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンに作用してAGAを引き起こすジヒドロテストステロンが生成されないようにする働きがあります。
ジヒドロテストステロンは最初からある物質ではなく、5a還元酵素によって変換されてできたものです。
つまり5a還元酵素が無ければジヒドロテストステロンも生成だれないのです。
フィンペシアは5a還元酵素を阻害する作用があるので、AGAを改善へと導くのです。
フィンペシアの場合も、プロペシアと同じように即効性はなく、効果が出るまでに最低でも3か月から半年ほどかかります。
しかも途中でやめてしまうと効果はありません。
長く続ける、ということを意識して服用をしないと、AGAに対して効き目を実感できないので、服用をする前から長期戦になることを意識しておくようにします。

あくまでも男性向け

フィンペシアは水だけでなくジュースで服用しても大丈夫です。
他の医薬品のように、グレープフルーツジュースが良くないなどの制約はありません。
ですが、男性ホルモンに作用している薬であるので、女性や子どもは服用してはいけないことになっています。
ちょっと手にしただけでもそこからフィナステリドが体の中に入っていき、生殖機能を中心に体の成長に影響を及ぼすことがあります。
そのため成長期である20歳以下は使用してはいけないことになっています。
20歳以上でないと安全性が認められていないので、必ず手に届かない場所に保管をするようにしてください。
そして服用を止めて1か月たたないと献血はできませんし、割って服用することもできません。
性欲減退や勃起不全など生殖機能の部分や肝臓などの臓器に副作用も出ることがあり、取り扱いが意外と難しいです。
子供の前で服用しない、女性の手に届かないところに置くなどきちんと管理をすることが基本です。

服用を止めてはいけない

なお、AGAに対しての効果が確認できたとしても、服用をやめてしまった場合、AGAは進行してしまうことがあります。
服用した初期には一時的に脱毛をすることがあるのですが、そのまま続けていて大丈夫です。
1日1回1錠を服用しますが、1日の上限量が1mgであるので、いくら効果が見られないからと言って多く服用しないようにしてください。
長く服用することによって効果が出てくる薬です。
タイトルとURLをコピーしました