フィンペシアには初期脱毛はあるか検証

フィンペシアの最安をご紹介

初期脱毛の原因

フィンペシアをはじめとするAGA治療薬を服用すると初期脱毛が生じる場合があり、抜け毛を防止するために治療を開始したにも関わらず髪の毛が抜けてしまい心配になってしまうケースも少なくありません。
しかし、初期脱毛は体質や服用し始めるタイミングによって必ずしも発生するとは限らないだけではなく、多くの場合は効果が現れている前兆であることが大きなポイントです。
初期脱毛が発生する原因は、昨今の研究によりヘアサイクルの急激な変化にあると言われています。
ヘアサイクルには髪が太く長く成長していく約2年から6年の成長期、栄養が行き渡らなくなり衰えていく約2週間の退行期、そして髪の毛の成長が止まり抜け落ちるのを待つ約3ヶ月から4ヶ月の休止期があります。
頭皮環境が健全な場合はこのヘアサイクルを繰り返し、古い髪の毛が抜け落ちた後には新たな髪の毛が生えてきます。
遺伝的な問題や加齢、ストレスなどが原因でAGAが発症するとヘアサイクルが乱れ、髪が成長しきれない段階で抜け落ちてしまったり、次に新たな髪の毛が生えなくなってしまいます。

初期脱毛が起こる

そこでAGAの症状を改善するフィンペシアを服用すると、このヘアサイクルがリセットされるので休止期を迎えていた髪の毛が新たな髪の毛に押し出されて抜けてしまう初期脱毛が発生することがあります。
それぞれの頭皮の状況にもよりますが、多い方ではフィンペシアを服用する前よりも数倍も抜け毛が発生するケースもあることから驚いてしまうケースも少なくありません。
しかし、これはフィンペシアの効果が確実に現れる前兆であり、むしろ喜ばしいことと言えます。
初期脱毛はフィンペシアの服用を開始してからおおよそ1週間から2週間程度で発生し、その後平均で1ヶ月程度、短い方で数日程度、長い方でも3ヶ月程度でおさまると言われています。

生活習慣が大事

ただし、初期脱毛が長引く場合には他に原因があるケースもあり、生活習慣などを見直す必要があります。
せっかく優れた効果を持つ治療を行っていても、偏った食生活や睡眠不足、ストレスが溜まる毎日を過ごしていては効果が半減してしまいます。
また、頭皮が不潔な状態が続けば皮脂が溜まりやすくなり、髪の毛の成長が妨げられて成長しきれずに抜け落ちてしまう場合もあります。
さらに、あまりにも多い初期脱毛が生じるとショックを受けて、それがストレスになってしまうケースもあります。
初期脱毛は必ずしも起こるとは限りませんが多くの患者さんに発生する可能性が高いと想定し、栄養のバランスの取れた食事と十分な睡眠を取るのはもちろんのことストレスを溜めないように心がけることが大切です。
タイトルとURLをコピーしました