ジェネリックでも効果は同じで品質も安心でいるフィンペシア

フィナステリド

最近薄毛にお悩みのあなたに

男性型の髪の毛の薄毛に有効な成分を含む薬として注目されているのがプロペシアです。 日本の病院でも処方されているので、耳にしたことがある方も多いでしょう。 日本で許可が下りる薬は厳正な基準があり、世界の中でもレベルが厳しくて高いです。 それをクリアして認定を受けているので、効果も認められていて副作用などの心配も正しく使用すれば低いと言えます。 とは言っても、薬は高いうえに、処方してもらうには病院の診察代も加わります。 これだと気軽に試してみることはできません。 実は日本の薬の料金は、薬そのものの原材料費よりも圧倒的に開発費や特許に関する料金が多いです。 そのため高くなってしまうのです。

ジェネリックのフィンペシアならリーズナブルに

その部分をカットできるのが、最近多く認知度もアップしてきたジェネリックです。 AGAの薬にもジェネリックはあるのかと疑問に思った方もいるかもしれませんが、嬉しいことに存在していますし、本家よりももちろんリーズナブル価格です。 プロペシアのジェネリックとして後発で誕生したのがフィンペシアです。 ジェネリックと言うと、本家よりも効果が低いとか品質が不安というイメージを持つ方もいるかもしれません。 しかし、ジェネリックと言っても薬ですから、安全性と効果は絶対必須項目ですから引けを取ることなく安心して服用できます。 フィンペシアはインドの製薬会社が開発しました。 日本では厚生労働省が認可していないので、ジェネリックと言っても海外版の物という位置づけです。 しかし、世界の多くの国で既に実績があり、10年以上のキャリアがあって大きなトラブルはありません。 他の薬でも同じですが、正しく使用することが一番大切です。

プロペシアと同様の有効成分フィナステリド配合

では、効果はどうなのかというと、本家のプロペシアの有効成分であるフィナステリドを同じように含んでいるので、大きな違いはありません。 ただ、最初に開発して特許をとった薬あるか、特許が切れた後から同じように作った薬であるかの違いだけです。 内容や品質を気にすることがないので、値段がお得な方が続けやすいです。 AGAの治療には髪の毛の生まれ変わりのサイクルも多くかかわってきます。 そのため、フィンペシアを飲んで数日で変わるというものではありません。 ある一定期間は飲み続けることで、体の内部からコツコツと変わってきます。 飲み続けることを考えると、成分の働きは同様ですから続けるのに負担が少ないコストが安いフィンペシアを選ぶのも賢い選択でしょう。
タイトルとURLをコピーしました