薄毛に悩むときにはフィンペシア

フィンペシアの最安をご紹介

AGAの治療薬フィンペシア

AGA(男性型脱毛症)によって薄毛になっているならば、AGA治療薬を飲んで症状を改善していきます。 フィンペシアも、そんなAGA治療薬のひとつです。 フィンペシアには、プロペシアというAGA治療薬と同じ成分フィナステリドが配合されています。 インドの製薬会社がつくったジェネリック医薬品であり、プロペシアと比較したとき成分が同じですから効き目も同程度で、価格が安いので継続して服用するときに経済的な負担が軽いのが魅力です。

AGAの原因の元DHT

さて、この薬に使われているフィナステリドが、どういう風にAGAを治療していくのかというと、鍵となるのは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)がつくられないようにする働きです。 そのDHTというのは何かというとテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素の力で変化することで生まれます。 このDHTには髪の毛を生み出す毛乳頭細胞と結びついて細胞分裂を邪魔する力があります。 細胞分裂が正常にできなければ、髪の毛は成長することができなくなり細くなります。 さらに、生え変わりのサイクル(ヘアサイクル)も早まるので、未成熟な状態で抜け毛が加速します。 これがAGAが起きる主な原因です。 フィナステリドのおかげで、そのDHTがつくられなければ髪の毛の成長を妨げられることはなくなります。 そしてヘアサイクルも正常になり、太く抜けにくい髪の毛が生えてきます。

日本で未承認のプロペシア

フィンペシアの元になった、プロペシアでは1年で60%、3年で80%の人が改善したことを実感できたというデータがあります。 同じ成分を使っているわけですから、フィンペシアの効果もそれと同じくらいだと期待できます。 それほどの効果が期待できる薬ですが、日本で購入しようと思ったら病院で処方してもらうのは難しいです。 というのもこの薬が製造できたのは、インドでは2005年まで物質特許がなかったという特殊な事情があります。 本来ならば特許があるから作れないジェネリック医薬品なので、日本では厚生労働省の承認を受けていません。 なので服用をしたいならば、海外から取り寄せる必要があります。 自分で購入するとなれば、気をつけなければいけないのが飲み方です。 必ず1日に1錠まで、そして少なくとも3ヶ月位は続けないと効果が出ません。 服用するときにはアルコールを飲まないこと、未成年や女性も飲むべきではありません。 それから肝機能障害を抱えている患者が飲むと、検査をしたときに数値が変わってしまったり、副作用が出る危険性があるのでかかりつけの医師に必ず相談をしてください。
タイトルとURLをコピーしました