インド大手製薬会社が製造販売をするフィンペシア

フィンペシアの最安をご紹介

後発医薬品フィンペシア

お薬には特許があり、年数の経過でそれが切れる時がやってきます。 すると最初に販売をした会社以外の、違う製造会社でも同じ成分を使い製造して、販売をすることができますが、フィンペシアもまさに後発医薬品です。 先発医薬品はプロペシアであり、そのジェネリック医薬品になります。 シプラ社はインドの中でも大手製薬会社であり、インド国内の中は第2位を誇る規模の大きさです。 ヨーロッパや北米に向けても、もちろん日本を含むアジアにも、さまざまな医薬品を輸出しています。 抗エイズ剤や抗がん剤など扱う医薬品の数は多く、すでに世界の150以上もの国への販売です。 メルク社こそが先発医薬品プロペシアを手かけ製造をしていますが、実は特許自体は切れていません。 特許が切れていなくても他の製薬会社が同じ有効成分で医薬品製造をして販売ができるのは、特許が製造過程に課せられるのがインドのルールだからです。

ジェネリック医薬品フィンペシア

インドという国による特殊な事情は大変都合が良く、シプラ社は問題なくフィンペシアを世に送り出しています。 薄毛や抜け毛の悩みを解消したいために、プロペシアを手に入れたいものの、継続となるとお財布事情が厳しいという人も少なくはありません。 ところがフィンペシアはジェネリック医薬品ですから、先発医薬品よりも費用をグッと抑えることができます。 病院処方の月に1万円ほどはかかるプロペシアと比べた時に、後発医薬品であれば僅か1ヵ月で900円ほどです。 抜け毛を防いで育毛へつなげ、健康で適量の頭髪を得るためにも、育毛ケアは長い時間が必要となります。 さらに毎日飲み続けるのですから、医薬品の成分の高さと共に、価格が家計を圧迫させないことも大切です。 年間で10万円くらいかかるプロペシアを、薄毛専門クリニックなどで処方をしてもらう方法もあります。 しかし後発医薬品は同じ有効成分が含まれていて、見た目が少し違いますが、効果が期待できないわけではありません。

安価でフィンペシアを手に入れて継続を

続けることが重要な薄毛や育毛対策ですから、安価で手に入れることのできるフィンペシアは多くの人に選ばれる愛されものです。 以前はキノリンイエローが含有していましたが、現在では含まれてはいません。 着色料の一種であり、タール色素の種類によっては、発がん性のリスクはあるとも言われています。 コスメティックや医薬品に、キノリンイエローは使われることはありますが、服用となると気になるのは否めません。 でも今のフィンペシアには使われていませんので、安心して飲み続けることができます。
タイトルとURLをコピーしました