男性型脱毛症に効果のあるフィンペシア

フィンペシアの最安をご紹介

プロペシアと同程度の効果が見込めるフィンペシア

フィンペシアとは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として知られる「プロペシア錠」のジェネリック医薬品です。 インドのCipla社がインド特有の法律に従って作られた薬であり、プロペシアの有効成分「フィナステリド」を同様に含有しています。 そのため男性型脱毛症に対する同程度の効果が見込めるのです。 その上発売から10年以上が経過している薬であり、世界各国で使用されています。 そのため使用実績が十分にあり、日本でも臨床実験を行った結果半数程度の人が育毛効果を実感できました。

ジェネリック医薬品とは

そもそもジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に発売される医薬品のことを言います。 つまり新薬と同程度の有効成分を含むため、安全性や効き目が同等なのです。 それに加え、開発にかかる費用を大幅に抑えられるため、安価に発売することが可能です。 新薬と同じ効果を持つ薬が安く購入できることは消費者にとって、非常に嬉しいですね。

フィンペシアの効果

フィンペシアには3つの効果や効能があります。 それは生え際の後退を止め、頭頂部が薄くなるのを防ぐ効果・一部の毛包(毛を作る器官)から毛を再び生やす効果・細く短くなっている髪を長く、太くする効果です。 だからこの薬によって、男性型脱毛症の進行を抑えることが可能となります。 その上髪を太く長くし、毛を再び生やす効果もあることから、使用者は髪の毛がフサフサになったと感じたり、毛が増えたと実感する人も多いのです。 この薬は「男性における男性型脱毛症の進行遅延」に効果があるため、男性が使用することをおすすめします。 もし女性が使用した場合、アメリカの臨床試験では効果がないことが証明されています。 更に20歳未満の方を対象とした臨床試験を行っていないため、20歳未満の方の安全性・有効性が未確認であり、予測できない副作用が起こる可能性があります。 また、円形脱毛症や男性型脱毛症以外の脱毛症に効果がないため、自身の症状を把握しておくことが必要です。 症状を見極めるポイントとしては、パターン化した脱毛・前頭部と前頂部の頭髪が軟毛化して細く短くなり、最終的に額の生え際が後退して頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象が起こります。 それに加えて、20代後半から30代にかけて顕著になり、徐々に進行して40代以後に完成することも特徴であると言えます。 何故フィンペシアに含まれるフィナステリドは、男性型脱毛症に効果があるのでしょうか。 その理由は、男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制する作用があるからです。 フィンペシアの効果発現・持続のために1mg錠を1日1回経口にて服用し、最低3か月毎日継続して服用することが大切です。
タイトルとURLをコピーしました