フィンペシアとミノキシジルは併用がおすすめ

エフペシア

AGA治療薬のこと知ってますか?

薄毛で悩む人の中には、フィンペシアとミノキシジルの、どちらを使った方が良いのかで迷ってしまう人がいるようです。しかしこうした悩みは意味がないと言えます。というのも、両者は性質が異なる薬であり、効果もまるで違っているからです。簡単にどのような薬なのか、理解を深めておくようにしましょう。 はじめにフィンペシアについてですが、こちらは脱毛を抑制するための薬です。男性の抜け毛の原因のひとつに、男性型脱毛症が挙げられますが、この症状は脱毛因子が増加することで抜け毛が増えます。そこで対策として活躍するのがフィンペシアで、服用を続けることで脱毛因子の増加を抑制し、発毛をしやすい状態へと整える役割を備えます。 続いてミノキシジルの特徴を見ていくと、こちらは発毛をさせるのが主な役割です。血管を拡張させる効果のある薬で、それによって毛根を活性化させることで発毛を促します。フィンペシアのような脱毛を抑制させる働きはありません。

フィンペシアとミノキシジルの併用がおすすめ

両者にはこういった特徴があり、異なる効果を持つことが分かるはずです。つまりどちらを使った方が良いのかで悩んでしまう人には、両者を併用することがおすすめと言えますし、それによって相乗効果が生まれ回復をさせられる可能性も高めることができるのです。 ただ、誰にとっても併用が最適とは言えないのも事実でしょう。なぜなら人によって薄毛の程度は違いますし、そこまで手厚い対策が必要ではないこともあるはずです。個々で対策の内容が違ってくるのも必然で、各自のケースや希望に合わせて判断をする必要があります。

薄毛レベルや症状に合わせて治療薬を選んで

まだ薄毛レベルが低い、あるいは予防をしたい場合は、ミノキシジルだけで対策を行うのがおすすめです。フィンペシアのみでの対策も良いのですが、内服薬ですので躊躇する人もいるのではないでしょうか。内服の場合は副作用のリスクも高まりますので、あまり安易に飲んでしまうのも良くありません。そこまでの薄毛ではないようなら、外用薬のミノキシジルだけでも十分な対策となる可能性もありますので、まずは頭皮からアプローチをしてみるのがおすすめです。 男性型脱毛症の症状が現れているようなら、フィンペシアでの対策がおすすめと言えます。薄毛レベルはそこまでではないものの、例えば抜け毛が増えてきたり、細い抜け毛が目立っていたりするようなら、この脱毛症が発症した可能性があります。その場合、ミノキシジルでは対策が不十分になる可能性があるため、脱毛を抑制するために内服薬で対策をするのがセオリーです。 これらに該当せず、すでにかなり薄毛が進行しているようなら、併用をして対策をするのが無難と言えるでしょう。薄毛が顕著な場合は、脱毛の勢いも強いということですので、どちらか一方での対策では不十分となる可能性があります。今後も脱毛が進行することを考えられることから、今できるベストな万全の対策で薄毛を迎え撃つことが大切ですし、早めに対策を講じた方が回復も早まるはずです。
タイトルとURLをコピーしました