脱毛症に効果が期待されるフィンペシアとミノキシジルについて

フィナステリド

男性型脱毛症(AGA)の治療法

皆さんの中には自身の外見に悩みがある方はいませんか?特に年齢を重ねると実年齢より若く見られようと努力をする方もいるかもしれません。特に脱毛症に悩まれる方は多く育毛や発毛など頭皮の問題に関連したコマーシャルを多く見かけます。しかし満足いく効果を実感されていない方もいるのではないでしょうか。今回は脱毛症対策の一案として治療薬の紹介をします。 治療薬と聞いて思い浮かべる薬はありますか?今回はフィンペシアとミノキシジルという2種類の治療薬について説明します。

プロペシアのジェネリック医薬品フィンペシア

始めにフィンペシアについてです。注目すべき点として、この治療薬はプロペシアという治療薬のジェネリック医薬品であるため比較的安価に手に入り、発売以降10年以上経過しているため世界各国では効果が認められているという点です。フィンペシアの基本的効能は男性型脱毛症の進行遅延です。これは生え際の後退を止める、頭頂部が薄くなるのを防ぐ、細く短くなっている髪を太く長くする、一部の毛包(毛を作る器官)から毛を再び生やすといった効果が期待できます。 なぜこれらの効果が期待できるかというと、フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑制する作用があります。このジヒドロテストステロンは頭皮に影響を及ぼし男性型脱毛症の原因物質と考えられています。フィナステリドは頭皮のジヒドロテストステロンの量を減らすことで男性型脱毛症の改善効果を示します。しかし安全性の高い治療薬といはいえ副作用のリスクはあります。特徴的な副作用として性欲の減退や性機能の低下、重大な副作用として肝機能障害です。そのため自覚症状を認める場合には医療機関を受診することをお勧めします。

発毛の促進も期待できるミノキシジル

続いてミノキシジルについてです。ミノキシジルというのは成分の名前でミノキシジルタブレットとも呼ばれます。ミノキシジルは脱毛の予防と発毛の促進という効果が認められており、毛包に直接作用してその中にある毛母細胞(毛髪の元となる細胞)の増殖などを促進する作用を持っています。つまりジヒドロテストステロンの影響を受けて増殖しなくなった毛母細胞を再び活性化させることができ、ヘアサイクル(毛髪が生まれてから抜けるまでのサイクル)を正常に近づけることができます。しかしヘアサイクルが十分に回るには時間がかかるため、効果を実感するには服用を開始してから2カ月以上はかかると考えた方が良いでしょう。ミノキシジルにも副作用は報告されています。元々降圧薬に使用されていたため心臓への作用もあり重大な副作用として心膜炎や心タンポナーデがあります。また高頻度で認められた副作用は多毛症や浮腫が報告されています。それらの症状を認めた場合には休薬し改善しない場合には医療機関の受診を検討した方が良いでしょう。今回は脱毛症に効果が期待される治療薬についてまとめましたが、これらの薬は医薬品であるため上述した通り副作用等のリスクも伴うため効能や注意点を正確に理解し使用した方が良いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました