フィンペシアはミノキシジルと並ぶフィナステリドのジェネリック

フィナステリド

AGA治療薬にはどんなものがある?

男性型脱毛症治療薬のプロペシアのジェネリック医薬品の一つであるフィンペシアは、インドの会社が特有の法律に従い作った薬で厚生労働省が認可したものではなく、他の一般的なジェネリックとは違います。プロペシアの有効成分のフィナステリドを含み、効果に関しては同じ程度が期待出来ます。フィンペシアは発売してから既に10年以上経過し世界各地で使われている薬なので実績は十分で、日本でも個人代行輸入業者を利用して買う人も多く日本での使用実績も増えてます。 有効成分のフィナステリドに並ぶものとしてミノキシジルもありますが、こちらは血管拡張作用がある薬でアメリカで降圧薬と開発されたものです。副作用で毛が生えるという現象が起きてからAGA治療薬として改良されました。これには内服薬と直接頭皮へ塗布して使うタイプがあります。

有効成分フィナステリドの効果

フィンペシアの有効成分のフィナステリドには、生え際の後退を止めて頭頂部が薄くなるのを防ぐ・細く短くなっている髪を太く長くする・一部の毛包から毛を再び生やす効果があると言われてます。基本的な効能は男性型脱毛症の進行遅延で脱毛を抑える働きが主で、男性型脱毛症は進行性の疾患なので進行を抑えるだけでも薬効だと言えます。何もしないと生え際の後退が少しずつ進むのをそのまま維持してくれ、さらに細く短くなっている髪を太く長くする効果や一部の毛包から毛を再び生やす効果もあるので毛が増えたり、髪の毛がふさふさになった方や頭頂部が黒くなったと感じる人も多いです。 後退した生え際や脱毛した頭頂部をある程度基に戻す効果が期待出来ますが、育毛効果に関してはそこまで強くはありません。また、全ての方に効果が出るとも言えないので過度な期待は注意です。男性だけ適応されるので女性は使わない方がよく、アメリカの臨床試験でも効果がないことがわかってます。男性でも円形脱毛症などには効果がないとされていて、この時には使っても意味がありません。

フィンペシアの服用方法

フィナステリドは国内では20歳未満の人には臨床試験を行ってないので、20歳未満の有効性と安全性に関しては未確認です。副作用が起きる恐れもあるので、もし使いたいときは専門医に相談してから使ったほうがいいです。有効成分のフィナステリドは男性ホルモンのジヒドロテストステロンの生成を抑える作用があり、このホルモンは頭皮にあると頭髪に対し悪影響を及ぼすことがわかってます。それが抜け毛や薄毛が起きると考えられていて、脱毛の原因物質なので男性型脱毛症と呼ばれてます。 フィンペシアの飲み方は1日1回経口で1mg錠を服用し、効果を出すには毎日継続して服用しないといけません。飲み忘れを防ぐには毎日決まった時間に飲むのがおすすめで、食後や風呂上りなどと決めておくといいです。どの時間に飲んでも効果には違いはなく、食事も影響しないのでライフスタイルにあわせて服用時間を決めると良いです。食事だけでなく飲料に関しても影響は受けないので、水以外にお茶やジュースなどでも服用は可能です。
タイトルとURLをコピーしました