フィンペシアの個人輸入通販

フィナステリド

人気のジェネリック医薬品フィンペシアとは

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品で、インドのシプラ社が製造と販売を行っており、シプラ社の主力商品のひとつです。インドの製薬会社の中でも、従業員2万人以上を抱える大手の製薬会社であるシプラ社は、進行性脱毛症の治療薬であるAGA治療薬や、HIV関連の医薬品や抗生物質、ED治療薬などを取り扱い様々な分野で世界的に活躍しています。 ジェネリック医薬品であるフィンペシアは、プロペシアと同じ有効成分のフィナステリドなので、効果や効能にほとんど違いはありません。錠剤の大きさや形が違い、ジェネリックの方が飲みやすく工夫してあるものもあり、価格もフィンペシアの方が安く買い求めやすくなっています。

個人輸入代行サイトを選ぶ前に

フィンペシアは日本ではまだ認められていない医薬品で、病院の医師も海外から個人輸入で購入しています。私たちも購入は海外の通販を利用しますが、偽物や偽造品を製造し販売する悪徳業者もいるので、利用するサイトは慎重に選ぶ必要があります。個人輸入で購入することで、病院での治療や通院の手間が省けるので、近年では海外通販サイトを利用する人が増えています。 本物のフィンペシアは白くて丸い形の錠剤ですが、錠剤を見ただけでは本物かどうか見分けがつきにくく、鑑定書などをサイトに掲載していれば本物という証拠になるので、チェックする必要があります。値段や商品の詳細以外に口コミを見て購入する人も多く、ネットのまとめサイトやSNSを検索して風評を知ることが可能です。 また、サイトの運営歴の長さも信頼性に繋がり、偽物が販売されていたり商品が届かないといったトラブルが多いサイトは、すぐに噂が広まり運営して行くことが難しくなります。中には、名前を変更して新しいサイトを立ち上げる業者もいるので、怪しいサイトと似たような内容のサイトには気を付けましょう。

プロペシアの10分の1まで費用が抑えられる!?

AGA治療は継続的な治療期間が必要で、自由診療となるため、通院費と精神的な忍耐力必要となります。国内の医療機関でプロペシアの処方を受けるよりも、通販購入の方が10分の1程度まで費用が抑えられることもあり、日本国内では、とても多くの人がネットでこの医薬品を利用しています。個人輸入は少し不安だと感じている人でも、この価格差で試したくなる人はとても多いです。 個人輸入を利用する際は自己責任になるので、購入する通販サイトは慎重に選び、書かれている用法や用量、使用する期間などをきちんと守って使用することが大切です。
タイトルとURLをコピーしました