フィンペシアの通販購入方法とは

フィナステリド

フィンペシアはどうやって手に入れるの?

有効成分にフィナステリドを含有するフィンペシアは、日本だと医療機関でも手に入らない医薬品です。 その為、入手しようと思えば必然的に通販の利用を検討することになります。 当然ですが、日本国内では流通していないので、海外から取り寄せる形での通販利用が前提です。 具体的には医薬品の個人輸入で、輸入代行業者を利用するとスムーズに取り寄せられます。 海外通販は英語が欠かせませんが、日本語に対応する個人輸入代行業者なら英語ができなくても大丈夫です。

処方箋のない医薬品の個人輸入は自己責任

個人輸入は、使う人が自ら注文したり取り寄せることが条件なので、本人がフィンペシアについて把握しておく必要があります。 間違えて注文したり、使用によって副作用が生じても、処方箋を伴わない個人輸入は自己責任です。 しかし、既にフィンペシアと同じくフィナステリドを含む医薬品の処方を受けていたり、薬の服用を行っているなら比較的安全に乗り換えられるでしょう。 勿論これも自己責任ではありますから、心配ならかかりつけ医に相談したり、より安全性に期待できる処方薬を選ぶのが無難です。 フィンペシアの個人輸入の良いところは、病院の処方よりも安く手に入ることです。 実際は取り扱いすらないのが実情ですが、特定の医薬品に限らず海外通販は日本で処方を受けるよりもお得に購入できる傾向です。 しかもいわゆる後発薬も選択肢に加わりますから、コスト最重視で安さを追求することもできるわけです。

老舗や大手の業者なら偽物の心配なし

フィンペシアの個人輸入を考える場合は、知名度と実績が豊富な輸入代行業者を選択したいところです。 マイナーだったり知名度の浅い輸入代行業者だと、取り扱う医薬品が正規品か疑わしいので、利用においては相応のリスクがあります。 一方、老舗や大手といった個人輸入の海外通販は、正規の仕入れルートを確保していたり、独自に成分分析をして公表しています。 成分分析は第三者機関によるものですから、客観的に本物かどうか分かります。 注文は国内で買い物をするのと同様の感覚で、カートに目的の商品を入れたらレジへと進み、注文者の情報を入力して決済手続きをする流れです。 支払いにはカードや銀行振込が使えたり、中にはコンビニ払いに対応しているところもあります。 ただし、海外発送なので代引に対応していなかったり、日時指定ができないのでそこは注意です。 それと海を越えたり通関手続きを要しますから、注文してから手元に届くまでに1~2週間ほど掛かります。 流通事情によっては遅れが生じることもあるので、その点を考慮して注文を検討することが必要です。
タイトルとURLをコピーしました