フィンペシアを服用する前に知っておくべき副作用

フィナステリド

個人差のある副作用

AGAのジェネリック薬として知られるフィンペシアですが、服用すれば良い効果だけを得られるとは限りません。医薬品には副作用もつきものですから、場合によっては体に何らかの異常が出る恐れがあります。副作用としてでてくる症状と程度については人によって体質や年齢など異なるのでバラツキがありますが、これまでに報告されているものは次のようなものです。 AGAの治療でフィンペシアを服用する人は男性ですが、男性としての機能に影響が出ることがあります。具体的に言うと、性欲の減退や勃起不全あるいは射精障害などです。これらの症状が出てしまうと、これまでどおりの性行為や自慰行為ができなくなる可能性も出てきます。また、副作用は服用をやめた後も残ってしまう人もいて、そのために男性不妊や睾丸(精巣)の痛みに苦しむこともあります。

有効成分フィナステリド

このように服用後も症状がでることについては、主成分でフィナステリドを使った薬を長期にわたって服用するときに起きやすいことがわかっています。これをPFS(ポストフィナステリド症候群)といって、最悪の場合には前立腺がんになる危険性もあります。その原因には、男性ホルモンのテストステロンが薬の影響で減ってしまうと、服用をやめた後も生成できなくなるのではないかという説があります。はっきりとしたことがわかっていませんが、PFSのことを考えると、AGAの治療のため長期にわたってフィンペシアの服用することは慎重になったほうが良いでしょう。

注意すべき肝機能障害

それから、体にでてくる副作用の症状としては、湿疹やかゆみなどやフィンペシアの成分に対するアレルギー反応が現れたり、乳房肥大のように女性のような体つきになってしまう、動悸やめまいに襲われるといったこともあります。そして警戒しなければいけないのは症状は肝機能障害で、もし肝硬変や肝不全になってしまうと命を落とすことになります。ただ、最も発症しやすい男性機能に関する症状がでてくるのは1%程度ですから、それ以外の症状がでてくるのは本当に稀です。警戒するべきものですが、誰もが発症するものでありません。 こういったことから、もしものことを考えたら肝臓に持病があって弱っている状態では、服用は避けたほうが良いです。健康な体の人でも副作用がでたならば、すぐに服用を中止して医師に治療をしてもらいましょう。フィンペシアを個人輸入で購入するときには、いざというときに診てもらえる泌尿器科やAGA専門の医療機関を探しておくべきです。
タイトルとURLをコピーしました