フィンペシアを服用した時の副作用と避けるためにおこなうこと

フィナステリド

実績のあるフィンペシア

「フィンペシア」は1999年にアメリカの製薬会社が開発した、男性機能改善薬です。当初はED治療で医療機関で使用されていましたが、その後中高年特有の薄毛にも効果を発揮することが臨床実験で明らかになりました。日本では2002年に厚生労働省の認可を得ることとなり、現在では数多くの医療機関で使用なされています。このお薬は開発販売から20年が経過したため、今ではシンガポール・インドの製薬会社でも生産されており、ジェネリック品を個人で通販という形で購入することも可能です。薄毛で悩まれている方は非常に多く、医療機関を受診するのが恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。

知っておきたい副作用

個人で輸入すれば気軽に薄毛治療に励むことができますが、ここで注意をしたいのはフィンペシアを飲んだ際にあらわれる副作用です。フィンペシアの注意書きに記載されている主な副作用は、吐き気・眠気・胃の不快感・下痢となっておりさほど深刻な副作用とはいえないものばかりになっています。吐き気はフィンペシアに含まれるインドメタシンという主成分によって引き起こされるもので、吐き気を感じなくても胃の不快感という形であらわれる場合もあります。これを避けるためにも、必ず服用するときは食後にするのがベストといえます。飲み方でも記載されていますが、おのお薬は朝・夕の2回、食後という指示をしてるものです。そのため食前や空腹時に飲むのを避ければ、自然と副作用も感じなくなるというわけです。眠気に立ってはメバチドールという成分が作用している結果であり、この成分によって男性ホルモンの分泌が活性化します。これは避けるのが難しいので、飲みながら次第に慣れていくのが望ましいでしょう。初めて飲んだ頃は眠気を強く感じる可能性があるので、この時期は自動車の運転を避けるようにします。もしも自動車移動を避けられないという時は、1日2回の服用する時間をずらすという方法もあります。

持病のあるか方は購入前に要相談

なお、狭心症の持病がある方の場合、フィンペシアを服用すると動悸・息切れという副作用がでる場合があるので、必ず主治医に相談してから飲むようにしないといけません。これは血管拡張効果によるものなので、飲むのを控えたらすぐに収まります。自身で購入する場合、用量が多くなる可能性も捨てきれないので、必ず購入メニューで確認して持病があるときは医師に相談しましょう。安全な環境下で飲めば大きな効果を得られるお薬といえます。
タイトルとURLをコピーしました