フィンペシアの副作用について

フィナステリド

フィンペシアなら継続的なAGA治療が可能に

AGA(男性型脱毛症)で悩む人も多いと思いますが、毎日薬を飲んで効果が出てくるのに3か月から半年かかることからそれなりのお金がかかるためあきらめている方が多いようです。AGAに効果を発揮する薬剤としてはプロペシア(一般名フィナステリド)が有名で、最小にアメリカのメルク社が販売し世界中で利用されるようになりました。しかしながら、最近では同様の成分でジェネリック医薬品が出始めたことにはご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品(この場合はプロペシア)の独占的販売期間の終了後に販売される医薬品です。先発薬と同様に有効成分で効果効能が同一であり、低価格であることが特徴です。このためAGA治療にジェネリック医薬品を利用することで、よりリーズナブルに利用できるようになりました。例えばインドのメルク社が開発した、フィンペシアを例にとると通常1錠あたり250円程度する薬剤が、10分の1の価格近くに下げられることも可能です。ただ、これだけ下げられたら副作用は大丈夫か、と気にする方もいると思います。

フィンペシアには副作用はあるの?

まずフィンペシアは、先発薬であるプロペシアと同様の有効成分を含みます。この有効成分であるフィナステリドには、脱毛を抑制する効果がある一方で勃起機能不全や射精障害といった性機能の低下の可能性が指摘さえれています。基本は同様の成分で作る薬剤がジェネリック医薬品と呼ばれているため、同様の副作用はあるものとして考えておくと良いでしょう。なおこれらの副作用リスクは1%以下と言われているためそこまで気にすることは無いですが、心配であれば医師とも相談して決めていくとよりリスクは下げられるでしょう。

偽薬を扱う悪質な業者に気をつけて

フィンペシアは個人輸入でも入手できますが、特に初めて治療しようと思っているのであれば安易な利用はお勧めしません。そもそも自分の症状の原因がAGAだと限られないことがあるので、最初は専門医に相談の上どの薬を処方したほうが効果があるかを判断することを勧めます。ある程度利用になれてきて、個人輸入を検討する場合も実績のある代行業者を選ぶことが重要です。悪質な業者だと、偽物を販売していることもあるため特に海外のサイトには注意したほうが賢明です。とはいえ、ジェネリック医薬品の販売できるということはその分毎日のお薬の価格が下がるため利用者にとっては利用しやすくなったことは事実です。
タイトルとURLをコピーしました