フィンペシアはミノキシジルと併用で効果アップ

フィナステリド

フィンペシアとミノキシジルは併用できる?

フィンペシアとミノキシジルは、いずれも脱毛に効果のある男性用の薬です。前者は生え際やおでこに効果が出やすく、後者は頭頂部の育毛を促進することから、生え際と頭頂部の両方に悩みがある場合は併用を考える方も少なくないでしょう。しかし、違う薬を同時に飲むことに不安を感じる方もいらっしゃるはずです。 嬉しいことに、実はこれらふたつの薬は、併用しても問題ありません。それどころか、一緒に飲むことで相乗効果が発生し、より高い効果を期待することすらできるのです。というのも、フィンペシアとミノキシジルは作用の仕組みが全く違うからです。

それぞれの効果とは

まずフィンペシアは、男性ホルモンの働きを抑制する作用があります。脱毛や薄毛は男性ホルモンの働きすぎによるものですから、それをおさえることで髪の状態を元に戻すというわけです。一方のミノキシジルは、髪を増やす作用があります。脱毛を抑えるという形で影から支えるのがフィンペシア、発毛を育成するという形で積極的に作用するのがミノキシジルなのです。それぞれ違う効果があり、お互いに補い合うことで薄毛を改善してくれる、まさに理想の飲み合わせです。 ただし、一緒に飲んでも大丈夫だからといって、安易な判断で飲み過ぎるのは要注意です。いずれも医薬品ですので、副作用が起こる可能性を考えなければいけません。

副作用は

副作用の代表的なものは、肝機能への負担です。どちらも肝臓に負荷をかける薬なので、一緒に飲むことで肝臓の状態が悪化することが考えられます。用法と用量は必ず守りましょう。また、服用直後のアルコールは肝臓への副作用がより強く出る可能性があるので厳禁です。そして、内臓に異常を感じたら必ず医師に相談しなければなりません。 また、服用を始めてしばらくの間は抜け毛が増える場合もあります。しかしこれは正常な作用の範囲内で、一旦髪が抜けることで正常な発毛のサイクルに戻るという仕組みです。薄毛の改善のために飲んでいる薬で毛髪が抜けると不安になる方もいるかもしれませんが、しばらく様子を見ておさまるようであれば問題ありません。どうしても心配という場合は、やはり医師に相談すれば大丈夫です。 以上のように、フィンペシアとミノキシジルは、上手に使えば脱毛や薄毛を大幅に改善してくれる可能性のある薬です。ただし、併用による副作用やデメリットにも注意し、同時に服用する場合はいつも以上に体調に気を配ることは必至といえるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました