相乗効果があるフィンペシアとミノキシジル

フィナステリド

フィンペシアとは

フィンペシアは、抜け毛を減らしヘアサイクルを正常に戻してくれるプロペシアのジェネリック薬です。 安価に薄毛の治療ができるジェネリック薬として世界中で人気があり、日本でも多くの男性が使用しています。 フィンペシアは内服薬なので、1日1回1錠を服用するのが基本的な飲み方です。 乱れたヘアサイクルを正常に整え薄毛を解消していくので、効果を実感できるまで時間がかかります。 早い人でも3ヶ月、一般的には飲み始めから半年ほどの時間が必要と言われていますから、長い目で効果が現れるのを待たなければいけません。 しかし効果が出るまでの時間を短くする方法はあり、その一つがミノキシジルです。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは発毛促進の効果があると研究で認められており、日本のドラッグストアなどで販売されている育毛剤にも配合されています。 そのため日本人の男性にもお馴染みの成分です、名前を聞いたことがある人は多いでしょう。 ミノキシジルはフィンペシアとは別の作用で薄毛を解消してくれるので、二つを同時に使用すると相乗効果が現れ、薄毛の解消までのスピードも速まると言われています。 フィンペシアを飲みつつもミノキシジルを頭部に塗布する、こうした併用は医学的に認められており、少しでも早く薄毛を解消したいと考えているならおすすめの方法です。 日本では頭部に直接塗布する外用薬のミノキシジルが一般的ですが、内服薬のタブレットも海外では販売中です。 タブレットもフィンペシアと同じように、海外からの個人輸入で購入可能です。

安全な薬を選んで治療をスピードアップ

プロペシアのジェネリック薬と同じように、タブレットも国内の医療機関では処方されませんから、併用によって相乗効果を引き出したいならネット通販を利用してください。 ネット通販を使って国内では処方されていない医薬品を手に入れたいなら、含まれている成分と偽物には注意してください。 海外製の医薬品には発がん性物質など、人体に悪影響を及ぼす成分が含まれているケースもあります。 たとえばコーティング剤として使われるキノリンイエローは、発がん性物質だと一部で噂になってきました。 キノリンイエローの危険性は毎日飲んでも影響しないとする医療関係者の言葉もあり、また日本の厚生労働省も医薬品への使用を認めています。 このようにリスクとメリットを考えながら、安全な医薬品を選ぶようにしてください。 薄毛治療は長期化すると思われがちですが、安全な医薬品を上手に併用すればスピードアップも可能です。
タイトルとURLをコピーしました