フィンペシアとミノキシジルは併用がおすすめ

フィナステリド

医薬品でAGA対策

AGA対策には頭皮マッサージや育毛剤の利用などもあげられますが、自己流の努力だけでは男性型脱毛症を克服するのは厳しいものがあります。本気で薄毛解消を目指すならAGA治療も考えてみましょう。 医療機関では、AGA治療を積極的に行うところも増えてきましたが、初期の脱毛では、医薬品による治療が提案されることがほとんどです。 その薬はプロペシアという飲み薬、そして頭皮に直接塗るミノキシジルです。

プロペシアのジェネリック医薬品フィンペシア

プロペシアの有効成分はフィナステリドです。フィナステリドは、強力な男性ホルモンであるDHTの発生を防ぐのに役立つ薬です。 DHTが増えるとヘアサイクルが乱れ、成長期が極端に短くなってしまいます。フィナステリドはDHTの発生を防ぐことができますので飲み続けることで、乱れていたヘアサイクルが整い、健康な髪の毛になることが期待できます。プロペシアは医療機関で処方されていますが、最近はジェネリックを選ぶ人も増えてきました。ジェネリックは新薬と同じ有効成分でありながら、より安く提供されている薬です。 フィンペシアは代表的な存在で、薄毛治療をより安くできると人気が高まっています。薬は長く続けていく必要がありますが、フィンペシアは副作用が少なく安全性の高い薬です。ヘアサイクルが整うまでは時間もかかりますので、根気よく治療を続けていきましょう。個人輸入という形で入手されることが多くなっていますが、この場合も間違いなく正規品を選ぶことが大事です。注文前には信頼性の高いサイトであるかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

より効果を高めるために

フィンペシア単体でも良い改善が期待できますが、より良い効果を実感したい人はミノキシジルと併用することも考えてみましょう。 ミノキシジルは、市販の育毛剤にも含まれている成分です。ミノキシジルは毛細結果を広げ、血流を改善する薬です。主に頭頂部の薄毛改善に役立つといわれています。髪が薄くなる原因のひとつには頭皮の血行不良があげられますが、この薬を塗布することで血流が改善し、毛根に髪の成長に必要な栄養素をしっかりと運べるようになります。 フィンペシアで男性ホルモンの過剰な発生を抑え、さらに血行を改善していくことで良い早い実感が期待できます。 ミノキシジルは外用薬だけではなく、内服タイプも用意されています。内服薬はもともと降圧剤なので、血圧が不安定な人や心臓疾患がある人は勝手な判断で服用せず、必ず医師に相談するようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました