フィンペシアとミノキシジルを組み合わせて相乗効果を図る

フィナステリド

フィンペシアの効果が出るまで

フィンペシアは主に男性型脱毛症であるAGAの治療に用いられる薬です。AGAは男性ホルモンが原因となっていて、それが体内にある5αリダクターゼという酵素と結び付くことで、脱毛を促すDHTという成分へと変化します。その酵素の働きを阻害するのがフィンペシアで、フィナステリドという有効成分が配合されています。 AGAの症状が進行すると、髪が生え変わるサイクルが正常ではなくなり、生えていない休止期が長くなってしまいます。そのため全体の髪の量が減ったように見えるというわけです。そこでフィンペシアを導入すると、そのサイクルを正常に戻す力が働きます。服用してから劇的に変化が現れるのではなく、順調に進めば半年程度経過したころから実感できるようになります。

個人輸入は偽薬に注意

もともとフィナステリドが含まれている薬は世界的に有名なものがあり、フィンペシアはインドの企業がジェネリックとして作り直したものです。基本的な成分の種類に大きな違いはありません。価格面としては大幅に安くなるので、場合によっては大きな恩恵を受けられるでしょう。ただ日本では承認を受けていない薬なので、医師の診断による処方を受けることができない点には注意しましょう。入手する方法はありますが、あくまでも自己責任ということになります。海外から取り寄せる形になるため、特に偽物の存在には要注意です。 基本的には毎日服用をする必要があり、服用を止めると改めて脱毛症状が現れる可能性が高いです。あくまでも酵素の働きを阻害するだけで、元となる男性ホルモンそのものの量が減るわけではないからです。そのことを考えて、毎日の分の費用をしっかり確保できるかを考えましょう。

ミノキシジルとの併用

またフィンペシアはあくまでも脱毛を抑制するだけの働きしか持たず、発毛を促すことはできません。そのためミノキシジルという発毛促進が期待できるものと組み合わせることが多いです。フィナステリドの成分とは特に影響しあうものではないため、併用しても特に問題はありません。そんなミノキシジルは具体的な作用こそはっきりしていないものの、医薬品に分類されてはいるため、ある程度の発毛促進効果は見込めます。 そして通販やドラッグストアで簡単に手に入り、複数の種類から選ぶことができるのも特徴です。海外には服用するタイプのミノキシジルもありますが、体に悪影響を及ぼす恐れがあります。そのためあくまでも外用薬、塗り薬としての使用に留めるようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました