フィンペシアの効果について

フィナステリド

フィンペシアの効果

プロペシアという医薬品のジェネリック商品として開発されたフィンペシアには、プロペシアとまったく同じ効果があります。つまりプロペシアと同じ効果を、安い飲み薬で得られるようになっているということです。作っている製薬会社や販売価格が異なるだけで、同じ病気を治すことが可能なのだという認識を持っておいて大丈夫です。 薄毛や抜け毛の治療に役立ちます。 では、フィンペシアを飲むことで得られる具体的な効果とはどのようなものなのでしょうか?最も分かりやすいものが、AGAの原因となるヘアサイクルの乱れを修復する効果です。

AGAとは

AGAとは薄毛や抜け毛の原因となる男性型脱毛症のことであり、医学的には遺伝や男性ホルモンの影響などによって、髪の毛が抜けたり生えてこなくなったりする症状のことだとされています。つまり自身の不健康な生活やストレスなどではなく、体の問題で髪の毛が生えなかったり抜けてしまったりするのがAGAなのです。フィンペシアにはAGAによるヘアサイクルの乱れを整え、健常な方と同じペースで髪の毛が生えてくるように整えるような効能があると言われています。 ジヒドロテストステロンの発生を抑えます。

フィンペシアの効果が出るまで

AGA、つまり男性型脱毛症の主な原因物質は主にジヒドロテストステロンだとされています。フィンペシアを飲むことで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することが可能になります。具体的に言えば5α還元酵素を阻害することで、ジヒドロテストステロンが体内で作られなくなるようにストップがかけられるのです。薄毛や抜け毛の原因になっている要素を、薬でブロックするようなものだというイメージなら分かりやすいでしょう。 ある程度の期間、飲み続けなければなりません。 フィンペシアの効果が頭髪に現れるまでには、ある程度の期間が必要であるとされています。飲んだら一週間や一ヶ月で劇的に髪の毛が伸びるのではなく、とても長い時間をかけて効力が発揮されるからです。即効性がない分副作用も少ないというメリットがありますが、気長に薄毛治療を受ける根気が無いような方に向いているといった特徴もあるのです。人によって効力を感じられるようになるまでの期間には差がありますが、一般的には三ヶ月から六ヶ月程度の期間を要すると言われています。 ちなみに日本の一般的な薬局やドラッグストアなどには置いていない薬ですので、購入したいなら海外から取り寄せるか、海外の薬も扱っている薬局を利用する必要があります。
タイトルとURLをコピーしました