薄毛への効果が期待されるフィンペシア

フィナステリド

フィンペシアについて

フィンペシアは、男性型脱毛症の治療薬としてよく使われています。この薬の効果を理解するためには、まずは詳細について理解しなければなりません。日本では2005年に製造・販売が許可されたものであり、MSD社が製造するAGA治療薬プロペシアと同様の内容です。同様の内容であっても新薬ではないため、薬価はとても抑えられていて費用負担は小さくなります。 内容に関して確認すると、やはりプロペシアと同じでフィンペシアもフィナステリドが主成分となっています。男性型脱毛症はジヒドロテストステロンという非常に強力な男性ホルモンが毛母細胞の働きを阻害して、新たな髪の毛を生成したり太くて丈夫な状態に育てる機能を妨げることで発生する症状です。そのジヒドロテストステロンは、テストステロンが5α-リダクターゼという還元酵素によって代謝されることで発生します。つまり、この5α-リダクターゼの働きを弱めることができれば、男性型脱毛症も改善できることが分かります。フィンペシアを取り入れると、5α-リダクターゼの働きを阻害して、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることができ、その結果毛母細胞の働きが正常化されて薄毛が改善されるのが大きなメリットです。

フィンペシアは発毛効果はない

よく勘違いされるのですが、毛母細胞の直接発毛を働きかける類のものではなく、毛母細胞の働きを正常化することで元の状態へと近づいていくと考えられています。この点を認識していると発毛剤とは異なることが分かります。 実際に変化を実感できるようになるまでには、少なくとも3か月程度が必要です。長い人は半年程度が必要ですので、その間は焦らずじっくりと変化を観察することが大切です。髪の毛の成長スピードは正常な人でも1日に0.3mm程度と言われており、1か月で見ると1cmしか伸びませんので、その点から見てもすぐに効果を実感できるものではないことが分かります。

初めての方は必ず使用前に医師に相談を

フィンペシアが代表的になっているのは、男性型脱毛症に優れた効果を発揮するからです。ただし、利用にあたっていくつかの注意点がありますので、治療を始めたい時には必ずクリニックに行って診察を受けなければなりません。診察を受けると、より良いアプローチが分かりますし、専門のクリニックでは他の治療法と併用する場合もあります。薄毛の治療の開始時期は早ければ早いほど良いと言われていますので、迷っている場合にはまずは医療機関で相談してみましょう。
タイトルとURLをコピーしました