フィンペシアに含まれているフィナステリドの効果

フィナステリド

AGA治療とは?

今では薄毛治療もかなり一般的になり、治療で悩みを解消している男性も増えています。薄毛治療では植毛なども有名ですが、初期の段階で治療を始められば大掛かりな手術をすることなく良い改善が期待できます。 初期のAGA治療では、まずは薬を使う治療がすすめられることがほとんどです。薬は飲み薬と、直接頭皮に塗る薬がありますが、飲み薬ではフィンペシアもよく知られた存在です。 フィンペシアはAGA治療薬として有名なプロペシアのジェネック的な存在で、有効成分は同じくフィナステリドです。 同じ効果が得られる薬ですが、プロペシアよりも安く購入できることで人気が高まっています。

薄毛にはホルモンが関係している?

薄毛の進行には男性ホルモンがかかわっているといわれていますが、薄毛の進行を抑えるためには男性ホルモンからの影響を抑えていく必要があります。 男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素によりさらに強力はジヒドロテストステロンに変換されます。 ジヒドロテストステロンは、ヘアサイクルの成長期を極端に短くしてしまう傾向がありますので、薄毛の進行を抑えるためには、ジヒドロテストステロンの発生を抑える必要があります。 フィンペシアの主成分であるフィナステリドには5αリダクターゼの働きを阻害する効果がありますので、その結果、ジヒドロテストステロンの発生を防ぐことができます。 5αリダクターゼは1型と2型がありますが、フィナステリドは頭部に多く見られる2型の働きを抑える作用があります。 短くなっていた成長期がより長くなり、ヘアサイクルを正常に戻すことができます。ヘアサイクルが短くなると髪の毛は細くなり短期間で抜けてしまいますが、成長期が長くなることでより髪が抜けにくく、太く丈夫になります。

フィンペシアの飲み方

フィンペシアの飲み方は、基本的にプロペシアと同じです。一日一回飲むだけなので無理なく続けられるのも良いところです。ヘアサイクルはすぐに正常に戻るわけではありませんので、初期で効果を実感できなくても、ある程度の期間は根気よく続けることが大切です。飲み忘れたから、一度に2回飲むことや早く結果を出したいからと多めに飲むことは避け、正しい服用を続けていきましょう。最近は女性も薄毛に悩む人が増えていますが、フィナステリドは女性への投与は認められていません。特に妊娠中や授乳中は子供や胎児への影響もありますので、飲むことはもちろん直接触ることも避けるようにします。
タイトルとURLをコピーしました