フィナステリドを主成分にするフィンペシアの個人輸入

フィナステリド

フィンペシアを手に入れる方法は個人輸入

フィンペシアは、プロペシアのジェネリックです。フィナステリドを主成分としている点は共通です。日本では認められていない薬であるため、これを購入したいのであれば個人輸入をしなくてはなりません。個人輸入代行業者を利用すれば、個人でも簡単に手に入れることができます。もちろん、もともと日本で認められている薬ではないので、仮に体に問題が生じたいとしても公的な補償を受けることはできないので自己責任です。また、偽物や粗悪品を購入してしまうリスクもゼロではないので、個人輸入をする場合は気を付けた方が良いでしょう。

個人輸入を利用する前にリスクを知っておいて

通販などと宣伝されていますが、決して通販では購入することができません。個人輸入代行業者は通販のように宣伝しているケースがありますが、これは薬機法に違反する恐れがあります。 プロペシアの処方を受けたとして、こちらを購入するのに一か月分は約8000円かかってしまいますが、フィンペシアの場合は6か月分の値段が1月分くらいです。したがって、コスト自体はかなり抑えることができます。インドの製薬会社が製造していますが、インドの製薬会社の中では比較的大きく信頼できるところです。ただし、インドの製薬会社の全体としての信頼性は低く、検査結果の偽装などの問題も多くなっています。また、まだ国際特許が切れていない医薬品のジェネリックを販売するなど、知的財産権の侵害も問題になるところです。こうした事情があることを考えた上で利用するようにしてください。安いからという理由で買っていては、リスクを背負うことを考えていないことになるので、いざ損害を被ってしまった場合に対処することができます。

信頼できる代行業者を選んで

もし自己責任で個人輸入するにしても、ルートがはっきりしていて品質に問題がないと言えそうだと判断できる代行業者を利用するべきです。この分野では国内製薬メーカーの合同調査でも、偽物が混入していたという結果が出たほどで、購入するところを間違えてしまえば偽物を飲んでしまうことになり、体に害が及んでしまいます。特に、ED治療薬や薄毛治療薬に偽物があった結果が出ていますが、フィンペシアも薄毛治療薬なので注意する必要があるでしょう。ジェネリックでなくても、プロペシアそのものを個人輸入することもできるので、ジェネリック品の品質に対して不安を抱く場合は、ジェネリックではない医薬品を個人輸入することも考えましょう。いずれにせよ、代行業者選びは重要です。
タイトルとURLをコピーしました