フィンペシア1mgは個人輸入代行店で入手できるお薬

フィナステリド

AGAには専門外来がある

AGAは男性型脱毛症を意味するもの、病気ではないけれども処方薬が用意されている薄毛です。AGAは、専門外来を利用することで治療ができる薄毛なのですが、進行型の薄毛でもあり放置しているとおでこ側から後ろに向かって薄毛の症状が広がってしまったり、頭頂部が丸い形になりながら薄毛の部分が広がる、毛髪で残るのは後頭部だけになってしまうこともあるようです。従来薄毛は加齢などにより毛髪の再生機能が老化状態となって薄くなるのが一般的だったわけですが、遺伝子の影響などにより20代や30代などの若い人に見られることもある、40代になると薄毛で悩む人の数が多くなるなどAGAは主に若い男性に生じる薄毛などの特徴があります。 専門外来では医薬品を活用した治療が行われることが多いのですが、この医薬品こそがプロペシアと呼ぶ還元酵素阻害薬です。プロペシアはAGAの特効薬として認知度が高いもので、毎日1mg錠の錠剤を1錠ずつ服用することで薄毛の進行を停止させる育毛剤のミノキシジルにより毛髪の再生を促すことができるようになります。

プロペシアよりも値段が安いフィンペシア

毎日服用を続けることが薄毛から卒業するコツに繋がるわけですが、この医薬品や検査などは保険が利かないため費用負担も大きくなりがちです。そこでおすすめとなるのがフィンペシアと呼ぶプロペシアの後発医薬品です。 後発医薬品はジェネリック医薬品と呼ばれるもので、特許が切れた後から製造されることや膨大な開発費用がかからないことから先に登場している先発医薬品よりも値段が安いなどの魅力を持ちます。プロペシアは先発医薬品で、フィンペシアが後発医薬品の位置付けになりますが、フィンペシアはプロペシアの主成分と同一のものが使われているので効果や副作用などは同等のものになるのが特徴です。成分量もプロペシアと同じくフィナステリドが1mgの量となるため、1日1回1錠を服用することで強制脱毛ホルモンを作り出す5α還元酵素を阻害する作用を期待できます。ただ、フィンペシアは日本では未承認薬になっているため欲しい人は個人輸入代行通販サイトを使う必要があります。

フィンペシアは信頼できるサイトから購入して

個人輸入代行通販サイトはネットで調べれば多数のお店を見つけることができるのですが、中には粗悪なものを販売していたり偽物を売っているところもあるようなので、利用の際には口コミを調べて信頼できる個人輸入通販代行サイトを使うことが大切です。ちなみに、フィンペシアの1mgは1錠あたり17円から30円前後が相場でまとめ買いをすると安く手に入れることができます。
タイトルとURLをコピーしました