フィンペシア1mgの特徴と知っておきたいポイント

フィナステリド

AGA治療にかかる費用を抑えたいならフィンペシア

薄毛が気になるためにAGA治療薬を使用したいと考えている人もいるでしょう。そのような場合に選択肢の1つとなるのが「プロペシア」です。プロペシアはフィナステリドとも呼ばれる男性型の脱毛症用の薬で、1日1回の内服で、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンを抑える効果が期待できます。このプロペシアは世界的によく知られた薬といえますが、これと同じ成分が含まれているジェネリックとしては「フィンペシア1mg」というものがあります。新薬の開発に必要な費用がほとんど掛かっていないため、リーズナブルな価格で手に入れられるのがこのジェネリック薬の魅力となっていて、長期的に飲む必要がある薬によるAGA治療に関心がある人からの注目を集めている製品です。フィンペシア1mgの値段は店によって違いがありますが、安い場合にはプロペシアの約6分の1ほどで手に入ること場合もあるため、できるだけ費用を抑えたいと考える場合には魅力に思われるでしょう。

フィンペシアの効果

フィンペシアはインドのムンバイに本社がある製薬会社のシプラ社によって製造されています。従業員は2万人以上という大手で、AGA治療薬以外にも様々な医薬品を取り扱っています。特に国外向けのHIV患者用治療薬を製造していることでも有名です。フィンペシアはサイズや形状は違いがありますが、有効成分はプロペシアと同じようにフィナステリドです。薄毛の原因になる酵素の働きを抑えるフィナステリドには、髪の毛が生え変わるヘアサイクルを正常に近づける効果がありますが、一般的にすぐに効果が現れるというわけではありません。もちろん個人差はあるものの、薄毛の進行が抑えられている実感が得られるまでには、ある程度の期間を続けて服用する必要があります。

使用前に副作用も知っておいて

プロペシアと同じような効果があるフィンペシアは、副作用もプロペシアと同じものが挙げられ、ゼロではありません。とはいえリスクは低いと考えられていて、副作用が現れることはまれです。薄毛を進行させる酵素の働きを抑えるフィナステリドによりヘアサイクルの乱れによる抜け毛を防ぐ効果があるこの薬を服用する際は、髪の毛を生えさせる効果があるミノキシジルも合わせて使用すると良いと考えられています。また現在のところ国内では認められていない薬であるため、手に入れるには海外から通販を利用する必要があります。もし海外通販サイトを利用して購入するのであれば、偽物にも注意しなくてはなりません。
タイトルとURLをコピーしました