フィンペシアの飲み方は1日1錠を決まった時間に

フィナステリド

フィンペシアは医薬品の通販サイトで入手

AGA治療薬として人気のプロペシアのジェネリック医薬品として、最も認知されているのがフィンペシアでしょう。ジェネリック医薬品は有効成分が同じであるために、同じ効果を期待できる上に価格が安いのが最大の魅力です。AGA治療薬のような長く使い続けていかなければならないような治療薬の場合は、経済的な負担をできるだけ軽くしたいものです。ちなみに、プロペシアに比べてフィンペシアは7分の1程度の価格で手に入れることが可能です。 フィンペシアは国で認可されていないので、残念ながら病院で処方されることはありません。購入するためには医薬品の通販サイトを利用する必要があります。購入方法は難しいことはありませんが、もしトラブルはあった場合は自己責任となりますので、飲み方を間違えないように注意しなければなりません。説明書は外国語なので不安になるかもしれませんが、基本的にプロペシアと同じ飲み方であり、ネットで調べれば簡単に情報を得ることができます。

フィンペシアは毎日同じ時間帯に飲んで

フィンペシアの飲み方は、毎日一錠をお水と一緒に服用します。服用する時間については特に決まりはなくいつでも良いのですが、いつも同じ時間に服用することが奨励されています。そのために忘れないように、朝あるいは夜と決めておくことをおすすめします。たとえば、毎朝9時に飲むとか、夜の9時に飲むという具合です。なぜ同じ時間に服用しなければならないのかというと、薬の効果が24時間ほどで無くなってしまうからです。AGAを効果的に治療するためには、常に体内に有効成分であるフィナステリドがあるようにすることが重要なのです。

ミノキシジルとの併用がおすすめ

また、一緒に服用するとより一層効果があると言われているのがミノキシジルです。フィンペシアはヘア毛周期の乱れを整えながら抜け毛を阻止する効果が高いのに対して、ミノキシジルは毛髪効果が期待できます。そのため両方の治療薬を一緒に服用するとより高い効果を期待することができるわけです。なお、毛周期が正常になるためには時間がかかります。そのために最低でも半年以上は飲み続けることが大切です。 副作用に関しては特に大きな心配はありませんが、男性ホルモンを抑える薬であるために勃起機能不全や性欲減退の可能性があります。もし勃起不全が見られるようであれば、ED治療薬を併用することで解決させることができます。両方の薬を併用しても問題はありません。その他の副作用が見られるようであれば、すぐに使用を中止し医師に相談しましょう。
タイトルとURLをコピーしました