フィンペシアの効果を引き出すための飲み方とは

フィナステリド

有効成分フィナステリド

フィンペシアは男性の初期薄毛に効果的なAGA治療薬で、国内のクリニックで処方されているポピュラーな飲み薬であるプロペシアと同じフィナステリドと呼ばれる有効成分が配合されています。そのため、この薬の飲み方や効果はプロペシアと同じといえます。これは錠剤タイプの内服薬なので水と一緒に飲むだけですが、効果を発揮させるためには正しい服用方法を心がけることが大切です。

フィンペシアの用法用量

フィンペシア(プロペシア)の基本的な飲み方ですが、1日1錠を水と一緒に飲みます。この薬の有効成分は食事やアルコールの影響を受けにくいので、食事のタイミングを気にする必要はありません。ただしグレープフルーツの果汁や果肉に含まれる成分により薬の効き目が変わってしまう恐れがあるので、この薬を飲む際はグレープフルーツ果汁が含まれる飲料の摂取を控えるようにしましょう。ちなみに1日に2錠分を飲んでも効果は変わりませんし、有効成分を過剰に摂取すると副作用が出るリスクが高まってしまいます。フィナステリドの服用によって生じる恐れのある副作用ですが、男性機能低下(性欲減退や勃起機能障害など)と肝機能障害が知られています。正しい方法で服用する限りは副作用の症状が出る可能性は低いですが、間違った方法で飲むとこれらの症状が出る恐れがあるので注意しましょう。フィンペシアでAGA治療をする場合は、必ず用法用量をきちんと守ることが大切です。

最低でも半年続けて

フィンペシアは毎日1錠を飲むだけなので治療方法はとても簡単ですが、少なくとも6ヶ月かそれ以上の期間にわたり服用し続けないと薬の効果を発揮することができません。この薬の効果はすぐに頭髪が生えてくるというものではなく、薄毛や抜け毛の進行を遅らせるということを知っておきましょう。ただし長期間にわたり服用を続けることで、毛量が増加したり毛が濃くなるケースもあります。 フィンペシアは最低でも6ヶ月にわたり毎日飲み続ける必要がありますが、症状によっては1年とか2年というように長期間にわたり服用を続ける必要があります。このため、飲み始めてすぐに効果が実感できないとしても長期間にわたり治療を継続するようにしましょう。飲み忘れがあると効果が出にくくなってしまうので、毎日欠かさずに1錠を服用することが大切です。毎日確実に飲み続けることができるようにするために1ヶ月かそれ以上の量をまとめ買いをしたり、毎日決まった時間に服用する習慣をつけると良いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました